マイトレーヤの部屋から

徒然なるままに、気楽な60代「男おひとりさま」の日常を綴っています。

四国遍路日記(4ー8)

▶昨晩泊まった山代屋旅館は、40番観自在寺の門前に大正時代から宿を構える老舗旅館で、往時はさぞかし盛況であったことを彷彿とさせてくれる宿であった。泊まった部屋は天井の高い床間付きの10畳部屋であったが、昔は隣室2室と合わせ30畳敷の大広間として使われていたと思われる。

▶どこもそうだが、この宿も抜本的な修繕できるだけの経営余力は全く望めない状況にあるので、設備が劣化するのを止める術がない。残念ながら経営者の加齢と共に今後消えて行く運命にあるのだろう。地方のこういった観光遺産が廃れて行くのを見るのは、本当に辛いものだ。

▶伊予路2日目の今日は、宇和島方面に向けてこの宿から7時過ぎに出発。56号線を正味2時間歩いて柏という集落に到着した。約10㎞の道のりを休まず一気に歩いたが、身体の方は特に問題はなく、体力がついたことを実感する。
f:id:Mitreya:20220518170008j:image

▶本日のメインイベントとは、ここから56号線を離れて柏坂遍路古道を歩くことだ。昨日は松尾峠を越えて歩いたが、柏坂峠の最高地点は470mあるから、こちらの方が負荷は大きい。遍路古道入り口近くのコンビニでたまたま一緒になった年長の遍路さんの後をついて行ったが、この方のパワーは私より格上だった。

▶最高地点近くの休憩所についたのは11時だった。少し早いが、昼食休憩にした。昼食といっても、コンビニで買ったパンと朝食の時に出されたバナナ1本だけで、遍路の人はだいたいこんなものだ。ここから眺めた景色は一級だった。
f:id:Mitreya:20220518165617j:image

▶その後はこの遍路道を下り、宿のある津島町に午後3時到着、宿に入って一番風呂の恩恵に浴した。それにしても、今日の天気は五月晴れで、歩きながら目にする山々の新緑は、月並みな言い方だが、目に染みるように鮮やかだった。それは遍路歩きできるという贅沢をしみじみと感じる瞬間だった。41番龍光寺は、まだまだはるか彼方だ。